アストロボーイの新発見


アトムは発光する
1話でアトムは、街のエネルギーを司るジオワームが暴走することになった余剰分のエネルギーを吸収し、発光しました。
アトムはエネルギーが大きすぎると発光することが判明しました。
とはいえ、これは喜べる事態ではないかもしれません。
それは搭載された機能ではなく、過負荷の現象と思われ、こぼれ落ちる光は実は融け落ちた皮膚なのではないかと推測します。あまりこの状態が続くとグロテスクなアトムとなる危険があります。



アトムは眠る
2話で、アトムは電子頭脳のメモリーの整理のためこてっと眠り落ちてしまいました。
今までのアトムは単なる省エネのため眠りにつきましたが、アストロボーイはちゃんと意味があるのです。



アトムは夢を見る!
眠るだけでなく、夢を見ます!今までにも夢を見たことはありますが、それは夢を見る機械を使ったか、宇宙人の電波にさらされたかでした。
アストロボーイは自発的に夢を見ます。しかし、ロボットの夢、それは記憶の反芻のようで、人間のように支離滅裂な夢ではないようです。
ついでにアトムは、寝相も悪いようです。
ロボットの心が読める!
アトムのいい人か悪い人か見分ける機能はなくなりましたが(4話参照)、どうやらロボットの電子頭脳を何も接続しなくても読み取ることができるようです。(3、10、12話参照)これはすごい!
現代でも遠くの画面の微電波を拾って再現できる盗聴の科学はありますが、それと似たような機能といえるでしょうか。
この力は、ロボットが悪いことをしても、それが自発的なものなのか、壊れているのか、それとも人間によってプログラムされたものなのか見分けるのに利用できるかもしれません。





女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス