アトムの
ちから




アトムの目
 視力2.5。そしてサーチライトが装備されている。
 また、電子顕微鏡ほど細かい精度でものを見ることができるらしい。
 カメラのような役割もあるらしい。

アトムの舌

 食べた成分を分析できるようだ。

アトムの耳

 1000倍にして音を聞くことができる。さらに可聴範囲を広げることもできるようだ。

アトムの電子頭脳
 善人と悪人を見分ける機能はあるが、美醜を見分ける機能はないようだ。
 10〜100ヶ国語くらい分かるらしい。さらに宇宙からの判読不明な言語もすぐに解読できるらしい。
アトムのアンテナ
頭の中に装備されているが、発信する際は頭を開けて操作しなくてはならないようだ。

アトムの鼻
意外にも嗅覚があることが判明。(今昔物語より)圧縮空気の匂いをかぎ分けるという、精度はかなり高い。
また、レーダーも装備されている。

アトムの馬力

 十万馬力から百万馬力になった。タンカーを持ち上げることができる。

アトムの指
 レーザーが装備されている。
 爆弾の分解など細かい仕事もできる。

アトムの足
 ジェットとロケットを使い分けることができる。「青騎士」ではマッハ10を出していた。
 航続距離は、日本から赤道への往復が限界らしい。

アトムの尻
 マシンガンが装備されている。装填数、マガジンの設置場所は不明。
アトムの首
 ばねで首をぶつけることができる。
「7つの力」と宣伝文句が使われているが、その数は曖昧である。天馬博士もなんだって、自分の子供にこんなに武装を装備させたのだろう。(アトム公式サイトの天馬博士の日記によると、交通事故から守るため、その他の不慮の事故や人災から守るためであることが分かった。納得。)
 しかし、アトムはあまりレーザーやマシンガンを戦いで使うことはない。自分を捕えているものを振り払うために使うことが主で、武器として使うのは主に十万馬力の突進だ。(戦う技は皆無と言っても過言ではあるまい。)意外とレーザーの出力はそれほどでもなかったり、あまり戦力にならないのかもしれませんね。
 なんにせよ、アトムにこんな武装などなくとも、アトムは頼りになるロボットです。「人工太陽」でアトムは、四肢を無くし力を無くし、それでも「ぼくには今空を飛ぶ力も十万馬力もない、あるのは戦う勇気だけだ」と非力を振り絞って戦います。
 アトムに強さなんて関係なく、アトムは人間の平和への道を阻む障害物を取り除くために働き、その力を使い、戦うんです。力がなければテコを使い、空を飛べなければ地を這い、強さがなくとも知恵と勇気で立ち向かっていく、何よりもその勇気がアトムの最大のパワーです。


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス