シャドウ



天馬博士がアトムを更なる進化へと導く 
ロボットを作らせるためのロボット。   
天馬博士の記憶もインストールされた分身、シャドウ。  
なぜそんなことをロボットにやらせて   
天馬博士自身は何もしないのか、   
あるいは何か企んでいるのか、   
天馬博士の動機がちょっと不明なロボット。   
しかし、目的に忠実に、探究心旺盛に、   
無表情でこなしてくれる素敵なロボットである。
その目的のために天馬博士の命令を拒否したり、今後の知識の成長が楽しみです。   
そのうち天馬博士と競い、   
天馬博士を超える日がくるかもしれない。   


いえ、私は     
自分の納得のできる
答えを探します。   
私自身の意志で…。  

天馬博士の記憶があるわけだから、
アトムへの愛情もあるのだろうか。
でも彼の第一原則はアトムの進化を促すことだと思われるので、愛情はない!と思いたい。
愛情がなくとも、その第一原則のためにアトムを守ることもあるのかもしれない。
やはり、天馬博士といい勝負になると思われる。
彼はアトムの進化促進ロボット製作だけでなく、天馬博士の精神的成長も促すことを期待できるかもしれない。
ベアちゃんの対称的存在と言えるのではないでしょうか。

彼は「友達という言葉の本当の意味」の答えを導き出したようだ。
人間の心も同じように調査したらしいが、それも解析できたのだろうか。
そして、そこからどのようにアトムを進化させようというのだろうか。
下記のシャドウの発言に期待しよう。
応援しているぞ!シャドウ!


人間とロボットの間に
変革をもたらす
究極のロボットを・・・





女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス