アトム天使論



アトムは天使です。
 もちろんロボットですが、科学が生んだ天使なのです。
 私は人間という種が嫌いです。子供の頃から見聞きしたニュースは、人間の愚かさばかりでした。戦争、犯罪、汚職、自然破壊。
 人間がいるせいで未来は暗く思えてしまい、いっそのこと、地球上から(私も含め)人類という種はいなくなった方がいいんじゃないかと思うことがたびたびありました。
 人間に失望したとすると、残りは人間以外の生き物と、無機物しか信じられなくなります。

 嘘をつかず、欲望にという誘惑に惑わされることなく、どんな苦痛にも耐え忍び、命を投げ打つ覚悟を持って、ひたすら人類の幸せをかなえるために無償の奉仕する。そんな天使みたいな存在がこの世にいる(ある)わけないと思ってましたが、そんな風に信じられる無機質、ロボットがアトムでした。
 残念なことにアトムがいるのはこの世ではなく、漫画世ですが。


(maiさん/Blossom’s Room

 それでも、モノクロ世代からの話を聞くと、アトムの影響というものは計り知れません。アトムというものがあって、現在の経済と技術の発展があるような気がします。
 そして私はカラー世代ですが、私もこの歳(30)になってアトムから幸せを分けてもらいました。それは未来の希望です。
 「シルバータワーの巻」で、異星のロボットが「人間がいる限り地球は良くならない」と言いました。同感でした。御茶ノ水博士もそう思いたくもなくも、思い当たる点が多くあったのでしょう。「アトム、お前もそう思うか?」の問いにアトムはきっぱりと答えました。
「ぼくは思いません!!」
 一つのカルチャーショックでしたね。忘れていたことを思い出したかのようでした。
 アトムや、貪欲で怠惰な人間をたくさん見てきて、未来への希望を失わないのかい?アトムの返答に疑いようもありません。
 本やテレビの情報から、暗い未来を予測して、人間の悪い点ばかり記憶していましたが、そう思いたくない気持ちを、人間は変わるという可能性を、未来は良くなるという希望を見出しました。 要するに私は未来に希望をもつということを忘れていたのです。笑われますね。
 一般的に考えれば、当たり前のことなのかもしれません。でも、アトムの言葉は人間の励みになります。アトムはロボットです。人間を裏切ることのない天使なのですから。


こんな風にアトムにはまった私ですが、
こんな見方でも喜んでいただけるアトムが好きな方がいましたら、よろしければ感想などください。


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス